6/19から週刊少年ジャンプで新連載として始まったクロスアカウントについて。本当にこの漫画にはがっかりした。がっかりどころか呆れて物も言えない。ヒドイ漫画だったよ。これを連載会議に通した編集者、何時間にも渡って行われるだろう連載会議で罵詈雑言が飛び交う中、数ある漫画の中から『クロスアカウント』を連載として最終決定した編集長。お前らクソ野郎だよ。おれら漫画読みを馬鹿にしてるとしか考えられない。どこかでみたような恋愛漫画の焼き直しかつ二番煎じの独自性も全くない漫画読みたくねえんだよアホ。

冒頭の登場人物がクラスの女子から男としても人間としてもアウトオブ眼中の存在だと伝えるシークエンスでもToLOVEる河下水希先生の作品で何回も使い回された表現を猿真似しただけでなんの独自性もないし、オリジナリティのかけらもない。おれら漫画読みは飽和した漫画業界に一石を投じるような、今までに無い漫画表現、独自性のあるストーリーが読みたいんだ。

私の人生の教科書「ロッキー」

 6月16日、ジョン・G・アビルドセンがすい臓がんによってこの世を去った。「ロッキー」や「ベスト・キッド」、「セイブ・ザ・タイガー」など数々の名作を世に残して。彼の肉体は完全に消滅してしまったが、作品は50年、いや100年と語り継がれ、彼の魂は永遠に生き続けるだろう。

 

 数ある作品の中でもやはり「ロッキー」が最もよく知られている。1976年に公開された本作は、その年のアカデミー作品賞、監督賞、編集賞を取った。当時全くの無名だったシルベスタ・スタローンが自ら脚本を書き、主演を務めた本作は彼を一躍スターの座に押し上げた。

 

 産業が廃れた町、フィラデルフィアに暮らす落ちこぼれのボクサーロッキー・バルボア。彼には一流のボクサーとしての素質があった。しかし、努力を嫌い、格下や3流ボクサーとのファイトマネーとヤクザの下で取立人として仕事をして生計を立てていた。仕事を終え、家に帰ると彼を待っているのは、飼っているペットの亀だ。彼の帰りを待つ彼女はそこにいない。精神的にも肉体的にもどん底の暮らしをしていた彼のもとに一報が入る。それはヘビー級世界チャンピオンアポロ・クリードからのタイトルマッチの対戦申し込みだった。彼は悩んだ。相手は世界チャンピオン。ボコボコに殴り倒され、笑いものにされるのは火を見るよりも明らかだ。しかし、彼は戦うことを選んだ。勝てなくてもいい。リングの上に15ラウンド立っていられるだけでいい。この決意の背景には、今まで馬鹿にしてきたやつらを見返してやりたいという気持ちがあっただろう。しかし、それにも勝り、落ちこぼれの自分、廃れた自分を変えたいという気持ちのほうが強かったはずだ。私はこのロッキーの決断を涙なしでは見ることができない。それは自分を重ねてしまうからだ。私は今まで自分より社会的地位が高い人間、国家や政府、教師や親に立ち向かうことができず、いつも逃げて生きてきた。しかし、ロッキーのように、どんなに自分より力が勝っていようと、逃げることだけはしてはいけないのだ。なぜなら逃げることは相手にも自分にも負けを認めることだからだ。逃げずに戦いを挑んで相手に負けたらそれはしょうがない。それでも自分にだけは勝つことができるのだから。



f:id:fuckthenorm:20170620215208j:plain

 

 評論家の荻昌弘先生はロッキーについてこう語っている。「人生するか、しないかという分かれ道でするというほうを選んだ勇気ある人の物語だ。」と。なぜ40年以上前もの映画が現代を生きる私たちの心を打つのか、真髄はここにあると思う。


荻昌弘・映画解説 「ロッキー」

 

ここに、私の人生の教科書となった「ロッキー」を監督したジョン・G・アビルドセンに深い哀悼の意を表す。

童貞残酷物語

先日、池袋北口にある『はじめてのエス』という風俗に行ってきた。

この風俗店、名前はエステとなっているが、それは名目上で実際はホテヘル型の手コキ専門店のよう。


事前にホームページをみて予約をし、店に向かう。自宅から池袋までの道のりは電車で約10分。緊張と興奮からかマイ鈴口からはカウパー腺液がダダ漏れになってしまった。このままではヤバイ!向かい側に座っている蒸れた年増の色気を放っている女性に「童貞くさいガキが私の体を舐め回すように見て興奮しておっ勃てちゃってるわ」などと勘違いさせてしまうことなる!おれは年増女には興味ねえんだ!!勘違いさせてはいけないと漫☆画太郎先生の漫画に出てくるババアとの情事を想像し、なんとか萎ませることに成功。ああ、よかったよかった。

f:id:fuckthenorm:20170602154054j:plain

↑こんな感じのババア。


余談になるが、先日、勃起率の高さと童貞期間が比例することが性研究のシンクタンクである米国性科学研究所から発表された。つまり、童貞期間が長ければ長いほど、勃起率は高くなるということである。この理論に即して考えると、おれの童貞期間は20年であるからかなりの勃起率の高さの持ち主ということになる。こうした特性を持っているせいか、先述した電車で勃起してまったなんていう事は多々ある。大学の授業中にパイオツカイデーな姉ちゃんの谷間を横目で見て、勃ってしまい、机を持ち上げてしまったなんてことはしょっちゅうだ。おれのペニスはTPOをわきまえることができないようだ。まあ、しょうがない。


そんなこんなで池袋に到着。予約した時間まで10分ほど余裕があったので、駅前のケンタッキーに特攻。肉を食って精力をつけるためではない。ウォシュレットでアナルを綺麗に洗うためである。ただでさえ、髭面・ロン毛といった3K(キモイ.クサイ.汚い)の要素が強いのにアナルに糞がへばりついていたなんてことがあったら相手にしてもらえないだろう。

アナルを綺麗にし、戦の準備は整った。いざ出陣と意気込み、店に向かう。夕方ということもあり、人通りは少ない。よく遊ぶ東口と比べると北口はあまり栄えてないようだ。そんなことを思いながら5分ほど歩いたところで到着。受付があるビルは見た感じかなり老朽化が進んでいた。この退廃的なムードが漂うビルに入ることで大人の階段をまた一歩登った気がした。

 

受付には筋肉モリモリの怖いお兄さんがいるのかと思いきや、案外普通な感じの人で安心した。そして、基本料金(60分10,000円)、指名料(1000円)を支払う。事前にどの子にするか決め予約もしていたため、ことはすんなりいった。ボーイが近くのホテルの空室を確認し、地図を渡されそこに向かう。そこは、受付所から5分くらい歩いたところにあるスカイロードというラブホテルだった。

 

続く。